武道功労者表彰について

     武道功労者表彰は、日本武道協議会(加盟団体:全日本柔道連盟、全日本剣道連盟、全日本弓道連盟、日本相撲連盟、全日本空手道連盟、合気会、少林寺拳法連盟、全日本なぎなた連盟、全日本銃剣道連盟、日本武道館)が、武道の振興に貢献された方を表彰するものです。 剣道、柔道、弓道等の10分野において、毎年それぞれ1名の方が受章します。
     歴代受章者のお名前は日本武道館に掲げられ、その功績が永く顕彰される大変栄誉あるものです。
     これまでに、大谷一雄先輩(昭和56年第1回)、西善延師範(平成20年第20回)、奥島快男師範(平成28年第36回)が受章されています。